『シャトゥーン―ヒグマの森』という本

動物もののパニックホラー。人食い熊の恐怖を描く作品です。 全体的にレベルがとても高い作品です。評価が高いのも当然かと思いました。 その一方で二つほど気になった点が。 一つはジョーズなど古典名作でも頻繁に行われている、動物スペックの大幅な水増し。「ライオンや虎に百パーセント勝てる」「速力は時速八十キロ」「平均で体重四百五十キロ」「人間より頭が良い」などなど。 エゾヒグマ... Read More

ギターは4年間傍に有ったけど

大学時代小川君(仮名)と言うクラスメートが居てギターを貸してくれました。小川君とはそんなに親しくも無かったのですが、飲み会で話す機会があり、話の流れでギターを貸してくれることになったのです。 小川君は本当にわざわざ学校まであの大きなギターを持ってきてくれました。私は全くそれまでギターに触れることも無くて、ギター部の小川君に話を併せているうちに借りる事になったのですが、... Read More

生理『中』より『前』が一番しんどい

「生理が重い」という話はよく聞きますが、私の場合その手前に起こるイライラのほうが問題だったりします。 生理の3~5日前から短気になって仕事や家族にも当り散らすことが多く、気持ちの浮き沈みがとても激しくなります。普段じゃ気にも留めないことに気が立って、理解していても自分じゃうまくコントロールできなくなります。生理そのものが始まると症状は収まるので安心ですが、あまりの変化... Read More

乾燥肌

顔が乾燥するので困っています。気温が上がっても真夏でも顔が乾燥します。若い頃高級な基礎化粧品を浴びるほど使っていたから肌が弱っているのかもしれません・・・。なんだかすごくもったいないような気がします。 顔が乾燥する原因がほかにあると思えません。最近は基礎化粧品をほとんど使わずに皮膚科で出してもらう保湿クリームを使っています。あまりにも顔の乾燥が進むと普通の基礎化粧品を... Read More

amazarashiの音楽

鬱ロックというジャンルで有名なamazaraashi。その演奏レベルは遥かに高いです、そしてその歌詞は遥かに奥が深いです。虚無的な哲学は含まれている気がします。 聖書やキリストのことが良く出ていますが、それに対しての皮肉的な歌詞もありますが、僕としては彼はキリストが救い主だと信じたいという気持ちがその歌詞に込められている気がします。鬱ロックというほどなので、曲調や歌詞... Read More

物を大切にする気持ち

先週初めて、ブックオフの買取サービスを体験しました。もともとブックオフは大好きで、特に漫画を100円で購入できることが嬉しくて、ちょこちょこ通っていました。立ち読みOKというのもとても親切ですよね。 なぜ今回買取をお願いしようと思ったかというと、少し前に子供が産まれ、ベビーグッズが日に日に増えていき収納場所も限られている為、軽い断捨離を行いたいと思い、その一環で読まな... Read More

ブックオフの買取サービスを利用して感じたこと

私は先日、いらなくなった本をブックオフで買い取ってもらいました。ブックオフで買い取って貰うのは初めての経験だった為、少し不安だったのですが本の状態もそこまで悪くなかった為、スムーズに引き取って貰えましたのですが、買取価格が自分の予想よりかなり安かったため、正直がっかりさせられました。 私はその時、いらなくなった小説や漫画などを約30冊程買い取って頂いたのですが、買取価... Read More

忍び寄る恐怖を味わうなら!加門七海「祝山」がお薦め!

皆さん、こんにちは。 今日も一日、お仕事や学校、育児、家事などお疲れ様です! ところで皆さんは、どんな方法で息抜きしていますか? スポーツや、ひたすら寝る、ゲームをする、マンガを読むなどなど、色々な方法があると思います。 私自身は読書がいい息抜きになっています。 特に面白い小説を読むと、時間を忘れるほど夢中になることも。 そこで今回は今年読んで面白かった小説をご紹介し... Read More

生きる限り、断捨離の繰り返し

大抵のブームはとりあえず疑う習慣のある私。 断捨離もご多分に漏れず、「捨てることで幸せになれるくらいならそんなに楽なことはない」と斜に構えていました。 が、現実に、どんどん物が増えて行く日常。 使いたい時に使いたい物が見つからない。いつも何かしら探している気がする。すごく疲れる。 それを自覚した時、ついに断捨離に挑戦することとなったのです。 まず、服を捨てました。 と... Read More

命について考える本

小学生の息子がある日、「命ってなんだろうね」とつぶやいてドキッとしました。その時に、うまく説明やお話をしてあげることが出来ませんでした。 なんでも私たちが朝見ているテレビのニュースで連日のように災害や事件、事故で亡くなる話を聞いていて、彼なりにショックを受けていたようです。 そのこと事態にもショックを受けたのですが、説明できることが出来なかった私も私自身にショックを受... Read More